愛知県大府・東海・知多エリアの注文住宅会社を比較

大府・東海・知多に建てたい人必見!注文住宅計画ナビ

HOME » 知多市で注文住宅を建てるなら » 知多市の住宅事情を知ろう

知多市の住宅事情を知ろう

住環境や坪単価、地盤など知多市で注文住宅を建てる人向けに知っておくべき情報を紹介しています。

各種不動産情報から考える知多市の注文住宅づくり

■知多市の住環境

知多市の注文住宅づくりに役立つ住環境

同市は緑園都市というコンセプトで街づくりを実践しているため、住環境は良好です。

海や里山などの自然と整備された公園や街路樹もあり、低層住居専用区域が多いことから、住宅も庭や生け垣などで緑を確保しています。

■知多市の住みやすさ

名鉄で名古屋駅まで30分程度の距離にあるため、街自体はいわゆるベッドタウン。複数の高速道路もあり、交通アクセスは良好です。

名古屋市内が勤務地になっても、通勤時間としては1時間以内でアクセスが可能なので、比較的知多市に住居を構えて都心で働く家庭も多くみられます。また、中部国際空港も近く、出張がある場合は飛行機を利用して国内、海外に行くことが可能です。車通勤の場合でも、幹線道路が多く通っており、急ぎの場合は知多半島道路を利用すれば、短時間で名古屋市内へと移動が可能なので、不便と感じることはないでしょう。

交通面を考えると、知多市は比較的良い場所にあるので、主要駅中心に住宅を建てるのも1つの手段と言えます。特に、朝倉駅は現在再開発が進んでいます。将来的には商業施設等も充実してくるので、朝倉駅周辺を選択するのも良いでしょう。また、駅周辺だけが開発されているわけではありません。信濃川東部地区でも開発が進んでいます。

知多市には開発スポットが多くあるので、多少費用が高くなってしまう可能性がありますが、住みやすいという点では開発された場所の方が快適に暮らすことが出来るので、このような場所を選択して住宅を建てるのも良いでしょう。まとめると、商業施設が集まっているわけではありませんが、居住エリアとしては閑静で子育て世帯向き。と言えます。

■知多市の治安

知多市は、犯罪率が愛知県内でも安全な街として知られています。治安は愛知県内でも安全な部類に入ります。

治安が良い理由は、周辺に深夜でも人が出入り出来るような施設がないからです。また、地域密着の街でもあるので、不審者が出にくい環境が治安をよくさせています。見知らぬ人とすれ違っても、気さくに挨拶をしてくれるので、不審者が仮にいるとすぐに分かってしまいます。

また、過去に大きな事件も起きていません。子どもを育てる上で、治安はかなり重要なポイントであると思いますが、愛知県名古屋市内でも安全なので、安心して子どもを育てることが出来ます。

ただし、夜は田畑が多い関係で、暗い道が多いので、蛍光色の服を着たり、なるべく暗い時間帯は歩かないように気をつけましょう。

■自動車は必要か

愛知県内は、電車が通っている地域でも車があった方が良いでしょう。車社会なので、車がある方が何かと便利です。特に名鉄はダイヤの乱れやすぐに電車が遅延してしまうことでも有名です。

JRもありますが、電車の本数が限られており、終電も早く終わってしまうのでマイカーを持っておくと良いでしょう。また、駅から離れた場所になると、バスを併用しなくてはいけません。通勤する人の中には、駅まで車で通い、そこから電車という人もいます。電車と車を使い分ける意味でもマイカーがあると便利でしょう。また、空港やスーパーは電車よりも車で通いやすい場所にあるため、足を確保しておくことも大切です。

■ライフラインについて

参考までに、電気、ガス、水道の公共料金相場についてご紹介していきましょう。全て想定される価格なので、参考までにご覧ください。

  • ガス22㎥5296円
  • 水道 口径22mmで20㎥2332円
  • 下水 20㎥2019円

あくまで、参考価格ですがこの程度料金がかかります。また、最近では電気が自由化になりさらに価格が変動しています。都市ガス、プロパンガスと様々な種類があるので、ライフラインはどのようにするか。ということについて、新築物件を作る際に検討しておくと良いでしょう。愛知県はオール電化が他の都市に比べるとあまり進んでおらず、都市ガスやプロパンガスと併用している家庭も多くありますが、オール電化のキャンペーンを利用するのも良いでしょう。そのために、各会社のメリットを分析しておくのもおすすめです。

■知多市の災害への取り組みについて

知多市は愛知県内なので、どうしても地震対策が気になるのではないでしょうか。また、愛知県内でも知多半島に面しているエリアなので、大地震が起きた際、津波が街を飲み込むではないか?と思うかもしれませんが、知多市が予想しているハザードマップを確認するとそうではありません。

地震の大きさによりますが、南海トラフ地震が起きた場合は3~5メートル程度の津波がやってくる可能性があります。しかし、避難場所も比較的海岸沿いには多く配置され、また街の手前に工場地帯が配置されているので、浸水は、30〜1m程度だと予測されています。ただ、愛知県の半島は入り組んだ構造をしているので、東日本のような巨大津波が襲う可能性はかなり低いことは覚えておきましょう。

もちろん、津波以外に気をつけないといけないのは、台風です。愛知県は、過去に伊勢湾台風を経験しているので、対策はされているものの、注意が必要です。

■知多市の子育て環境

知多市の子育て環境はどのようになっているのでしょうか。結論を言えば、子育てがしやすい街と言えます。その理由は、待機児童が0人というところにあります。

市全体で見ると公立の保育所が12カ所あり、0歳児保育を実施しているのが8カ所あります。ほとんどの公立の保育所で0歳児保育を実施しているので、育児をしながら働くことも可能です。

また、幼稚園、保育園だけでなく、親子でコミュニケーション出来る場所も充実しています。代表的なものをあげると、ぽぽらすは知多市を代表する子育て事業推進施設です。この施設では、様々な取り組みが行われています。親子で楽しめるレクリエーションの実施や、地域ボランティアの人たちとの交流など、幼児〜高学年児童まで楽しく学んで遊ぶことが出来る憩いの場です。

イベントスケジュールを確認しておけば、気になるイベントに参加出来るので、積極的に活用していきましょう。また、知多市の周辺には、子どもが楽しめるレジャースポットも充実しています。中部国際空港周辺は、ここ最近開発が進んでいるため子どもと遊べるレジャースポットの代表的なエリアです。

■住まいとしての知多市の人気エリアTop3

※2013年5月1日現在の住民基本台帳より

  1. 八幡/5,577世帯
  2. つつじヶ丘/3,323世帯
  3. 岡田/2,188世帯

知多市の注文住宅関連情報|土地の坪単価と地盤の強さ

■知多市の土地価格に関する平均坪単価

※土地価格相場.COMより

  • 取引価格/21.94万円/坪(2012年42件の平均値)、前年比-11.18%
  • 地価公示/23.38万円/坪(2013年24件の平均値)、前年比-0.86%

■知多市の地盤

内閣府の「表層地盤のゆれやすさ全国マップ」によると、知多市は沿岸部が揺れやすく計測震度増分が0.8 ~ 1.0、内陸部は平均的な0.4 ~ 0.6となっています。

沿岸部の土地をチェックする際は、より慎重にヒアリングや情報収集をしましょう。

知多市の注文住宅関連情報|助成金・補助金・減税など

■知多市の助成金など

  • 勤労者住宅資金融資
  • 耐震診断
  • 太陽光発電設備設置補助
  • 雨水貯蓄・浸透施設
  • 生け垣設置補助
  • 木造住宅耐震改修費補助事業
    木造住宅の耐震改修工事を行う者が対象で、1戸あたり120万円の上限があります。120万を満たない場合は、上限30万円まで加算することが可能です。

■住宅ローン控除

所得税の住宅ローン控除/これから注文住宅を建てる場合2013年内の入居が対象。ローン残高の上限は2,000万円で年末のローン残高の1%を控除

長期優良住宅/上記の所得税控除額が最大100万円アップ。耐震性や劣化対策など一般住宅より高い仕様が求められ建設費も20%程度高くなる傾向あり

市民税・県民税の住宅ローン控除所得税の課税総所得金額等の額の5%で最高97,500円。2009~2013年までに入居、所得税から控除しきれない住宅ローン控除額がある人が対象

※住宅ローン減税は2013年末までの入居が対象で、2013年7月現在4年間の延長が検討されていますが、2014年4月から消費税が上がるかどうかも含めて、お買い得な時期をしっかり見極める必要がありそうです。

適用要件

以下の要件を満たせば、住宅ローン控除を受けることが出来ます。

  • 自らが居住すること
  • 床面積が50m2以上であること
  • 中古住宅の場合、耐震性を有している
  • 借入金の償還期間が10年以上ある
  • 年収が3000万円以下
  •  
    愛知県大府・東海・知多エリアの注文住宅会社を比較