大府・知多・東海エリア まかせて安心の注文住宅ガイド » 家づくりの基礎知識

家づくりの基礎知識

家を建てることは、人生で何度もある経験ではありません。後悔はしたくないですよね?ここでは押さえておきたいポイントを解説します。

土地の選び方

土地選びは、「土地自体の状況」と「土地をとりまく環境」の大きく二つの視点から検討するとよいでしょう。「土地自体の状況」については、土地の建ぺい率や容積率などにくわえ、安心して暮らすには地盤の強さも重要です。また、正方形や長方形のきれいな形の土地が、売ることになった場合は買い手がつきやすいです。「土地を取り巻く環境」では、生活に便利な商業施設や公共施設が近くにあることもポイント!さらに、家族が学校・職場に通いやすい立地であることも、快適な生活を送るためには必要なことです。人口減少に歯止めがかからないなかで、30年後も都市機能が残っているエリアであることも重要になってきます。

注文住宅で入る保険

金融機関で住宅ローンを組んで住宅を購入する場合、火災保険への加入が義務付けられているケースがほとんどです。火災保険は、水害や落雷、風害なども補償の対象になります。火災保険料は、地域や建物の構造によって変わってくるので、家づくり前に確認をするとよいでしょう。さらに、地震にも備えたい場合は、地震保険の加入が必要です。「火災保険料に加えて地震保険料の負担は重い」と感じるひともいるでしょう。地震保険料は、建物の免震・耐震性能に応じて割引が適用されます。また、大切な家財を守りたいなら、家財保険への加入がおすすめです。災害による家財の損害はもちろん、盗難などの場合も補償されるので安心です。

建築費やその他にかかる費用

家づくりにかかるお金で、本体工事費が総費用に占める割合は7割程度です。実は、それ以外の費用が、3割も占めるのです。まず、付帯工事として、外構やインテリアの工事費が必要です。解体工事、造成工事、基礎補強工事などを行う場合もあります。また、税金(登録免許税や印紙税、不動産取得税など)や、住宅ローンの手続き費用、火災保険料なども必要になってきます。さらに、地鎮祭や上棟式の費用や引っ越し費用なども必要に応じて準備しておくべきでしょう。

愛知県の気候と気を付けるべき災害

愛知県は、日本の中央に位置し、年間平均気温が15℃前後で四季を通じて温和な気候です。雨は夏季に多く、冬季に少ないです。昭和20年の三河地震以来大きな地震は、発生していませんが、科学的に想定される最大クラスの南海トラフ地震においては、愛知県内は震度5強から7となる可能性があります。また、水害については、平成12年の東海豪雨では、浸水面積275k平方メートル、浸水家屋約6万2千世帯におよび、伊勢湾台風以来の甚大な被害に見舞われました。さらに、愛知県は6割以上が山地丘陵地で占められ、土砂災害の危険箇所が多くあります。

住みやすい家とは?

家族構成によっても異なりますが、住みやすい家をつくるためには、効率的に家事をこなせる生活動線を考えるとよいでしょう。一階で洗濯機を回して、三階で干すのは、取り込むもの大変です。また、キッチンと洗濯機やお風呂場といった水回りが近ければ、移動の時間を考えず家事をこなすことができます。さらに、子育てしやすい家を建てたいと考えている方は、子どもから目を離すことが少なくなるような間取りを検討するとよいでしょう。1階だけで過ごせる家にしておくと、足腰が弱くなった老後にも過ごしやすい家になります。

 

関連ページ

大府・知多・東海エリア まかせて安心の注文住宅ガイド

  • 愛知県大府・東海・知多エリアの注文住宅会社リスト
  • 知多市で注文住宅を建てるなら
  • 大府市で注文住宅を建てるなら
  • 東海市で注文住宅を建てるなら
  • 家づくりの基礎知識
  •  
    受賞歴×口コミ高評価の信頼できる注文住宅会社を厳選紹介
    家の画像

    過去の受賞歴や、ユーザーからの口コミは第三者からの評価を見極める指標となります。受賞歴が多く、口コミ評価の高い会社3社を厳選して紹介します。

    詳細を見る