注文住宅まかせて安心ガイド【大府・知多・東海エリア】 » 家づくりの基礎知識 » 注文住宅で使われる工法の種類

注文住宅で使われる工法の種類

公開日: |最終更新日時:

一口に注文住宅と言っても、その形態はさまざまです。そして、注文住宅の形態に様々な形があるように、注文住宅を建てるための工法にもさまざまな種類があります。ここでは、代表的な工法である造軸組工法、軽量鉄骨造、鉄筋コンクリート(RC)造の3つの工法について解説していきましょう。

木造軸組工法

在来工法とも呼ばれる日本古来の工法です。名前の通り木を組み合わせて住宅を構築する工法で、現在も国内の住宅のうち約8割がこの方法で建てられています。

参照元:林野庁

木製の梁と柱を組み立てるのが基本構造で、そこに筋交いという斜めの木材を加えることで耐久性や耐震性を向上させています。

木造軸組工法のメリット

日本家屋の魅力を引き出せる

木造軸組工法は、日本古来から用いられてきた工法です。それだけに、日本家屋の魅力を引き出せる工法といえるでしょう。昔ながらの日本家屋のデザインを取り入れたい人には、木造軸組工法で注文住宅を建てることをおすすめします。

耐火性が高い

木造建築は鉄骨やコンクリートに比べて家事に弱いという印象を持つ人も多いかもしれません。しかし、木材は火事の際に表面が燃えることで内部の構造的強度を守ります。そのため耐久力を失うまでにはかなりの時間がかかるので、長時間炎に耐えられるのです。

木造軸組工法のデメリット

湿気や虫害に弱い

床下や壁の隙間は湿気が溜まりやすく、結露からカビや腐食といったトラブルが起こることが少なくありません。また、適切な対策を取っていないとシロアリやなどによる虫害によって建物の基礎部分が食い荒らされてしまうこともあります。木造軸組工法は木材を用いている以上、どうしてもこうしたトラブルが起こる危険性があります。

鉄筋やコンクリートに比べると自由度が劣る

木造軸組工法で家屋の耐久力を高めるためには、壁に筋交いなどを入れなければなりません。そのため、壁に大きな開口部や窓の設置が難しい場合があります。十分な耐久力を確保するために、柱を取り除いた大空間を設置することも難しくなります。

軽量鉄骨造

軽量鉄骨造は、軽量な鉄骨を基礎素材とした鉄骨系プレハブ工法のことです。多くのハウスメーカーがこの工法を採用しているので利用しやすく、商品や住宅モデルが豊富なのも特徴です。

軽量鉄骨造のメリット

大量生産で均一な品質が保てる

木造住宅を建てるのは大工さんや職人の手作業です。そのため、その住まいの品質は均一ではなく、建築を手掛けた人の力量に左右されることになります。対して、軽量鉄骨造であれば、住まいの基礎となる鉄骨をはじめとする構造材は、工場で同一のものが大量生産されているので、均一な品質の住宅を作れるのです。

高い強度があるので間取りの自由度が高い

鉄骨は木材に比べて、家の構造材としての強度が高い素材です。そのため、壁に大型の窓を設置したり、柱をなるべく少なくして広い空間を確保したりといった自由度の高い間取りが可能となります。

軽量鉄骨造のデメリット

デザインの自由度が低い

大量生産品の特徴として、同じものを大量に生産しているために個性を出しにくいという点があります。そのため、軽量鉄骨造の住まいは画一的なデザインが多くなり、外観や間取りといったデザイン面の自由度が低くなるいというデメリットがあります。

熱を通しやすい

軽量鉄骨造の素材である鉄には、熱を通しやすいという特徴があります。このため、軽量鉄骨造の住宅は冬場、屋内の熱が外に逃げやすい、結露しやすいと言った弱点があります。

錆びやすい

木材には腐食しやすい、虫害の被害を受けやすいといった弱点がありますが、軽量鉄骨造に用いられている鉄骨には錆びやすいという弱点があります。

防音性が低い

木造建築は音を吸収しやすいので防音性に優れるというメリットがありますが、軽量鉄骨造は防音性が木造建築よりも低くなっています。そのため、周囲の環境や屋内の設備次第では生活騒音が問題になる場合があります。

鉄筋コンクリート(RC)造

鉄筋コンクリート(RC)造は、鉄骨で作った枠組みをコンクリートで補強するという工法です。住宅以外にも高層ビルなどにも用いられている工法で、高い耐久度を誇ります。

鉄筋コンクリート(RC)造のメリット

高い耐久度と設計の自由度を両立している

鉄筋コンクリート造(RC)で建物を作る際には、型枠さえできれば自由度の高い建物設計ができます。そのため、特殊なデザインや形状の建物を建てる際、変形地や狭小地に建物を建てる際に適しています。さらに鉄筋とコンクリート利点を併せ持っているので、高い耐久性が期待できます。

防音性に優れる

鉄筋コンクリート造(RC)は、構造材として密度が高く重いコンクリートを用いています。そのため防音性に優れるので、周囲の騒音から屋内をガードしたり、逆に楽器などの大きな音を出すものを屋内に置いておくのに適しています。

鉄筋を錆びから守れる

鉄筋は鉄なので、錆びが弱点です。しかし、鉄筋コンクリート(RC)造の場合は鉄筋の周りがコンクリートで守られているので、鉄筋を天敵である錆びから守れます。

鉄筋コンクリート(RC)造のデメリット

工程が多く建設に時間がかかる

高い耐久性と防音性、デザインの自由度などたくさんのメリットを持つ鉄筋コンクリート(RC)造ですが、それだけに建設には多くの段階を踏む必要があります。構造部分だけでも鉄筋→型枠→コンクリート流し込み→型枠外しといったように工程が非常に多いので、完成までにはどうしても時間がかかってしまいます。

夏は暑く冬は寒くなりやすい

コンクリートは熱を通しやすく、さらに熱を溜め込みやすい性質です。そのため、夏場は屋内に熱を溜め込みやすく、冬場は熱を外に逃がしてしまいやすくなっています。鉄筋コンクリート(RC)造の建物で快適に過ごすためには、冷暖房に頼る部分が大きくなる傾向があります。

さまざまな工法の特徴を知ることで理想の住まいを形につなげよう

注文住宅にさまざまな形態があるように、住宅を建てるための工法にもさまざまな種類があります。そのため、理想の住まいを作るには、その住まいに適した工法を見つける必要があるのです。注文住宅を建てる際には、自分の理想を最大限に実現してくれる工法を見つけましょう。

関連ページ

注文住宅まかせて安心ガイド【大府・知多・東海エリア】

家づくりの基礎知識
注文住宅を建てるなら知っておきたい家づくりの流れ
注文住宅を建てる際にチェックしたい耐震性能
 良い土地の選び方
二世帯住宅を注文住宅で建てる際のポイント
注文住宅のフルオーダーとセミオーダーと規格住宅の違いとは?
注文住宅を建てる際の間取りを決めるポイントは?
注文住宅で入る保険とは
受賞歴×口コミ高評価の信頼できる注文住宅会社を厳選紹介
家の画像

過去の受賞歴や、ユーザーからの口コミは第三者からの評価を見極める指標となります。受賞歴が多く、口コミ評価の高い会社3社を厳選して紹介します。

詳細を見る