注文住宅まかせて安心ガイド【大府・知多・東海エリア】 » 家づくりの基礎知識 » 二世帯住宅を注文住宅で建てる際のポイント

二世帯住宅を注文住宅で建てる際のポイント

公開日: |最終更新日時:

二世帯住宅を注文住宅で建てる際、どんなことに気をつけて設計すればいいのか?メリット・デメリットをまとめました。二世帯住宅の種類やお金のことについても、詳しく見てみましょう。

二世帯住宅の種類

二世帯住宅は、主に3つの建築スタイルが一般的に採用されています。二世帯住宅における建築形式の特徴をまとめました。自分たちのライフスタイルにあった二世帯住宅建築スタイルはどれか?イメージしてみましょう。

完全分離型

二世帯住宅でありながらも、共用部分はなく、完全に分離しているタイプです。玄関はもちろん、リビングや水回りなどを含めた共用スペースはなく、生活空間を全て分けています。敷地内に家が二軒隣同士建っているイメージを持つと、わかりやすいでしょう。完全分離型の場合、お互いのプライバシーが確保され、光熱費なども世帯別で分けられるメリットがあります。一方で建築コストは高くなり、一般的な二世帯住宅のような世帯交流がしにくい点がデメリットと言えるでしょう。二世帯住宅というよりも、ご近所さんのイメージが強いかもしれません。

部分共用型

居住スペースをそれぞれ確保しながらも、リビングや水回りだけは共用など、一部分だけシェアするタイプです。生活空間を分けて適度にプライバシーを保ちながらも、一緒にいる時間も持てます。べったりしすぎず、離れ過ぎない適度な距離感をもち、共用部分の建築コストが抑えられる点はメリットと言えるでしょう。一方で、それぞれの世帯光熱費がわかりにくく、完全分離型と比較するとプライバシーが保たれにくい点はデメリットと言えます。共用する部分をどこにするのか?など、よく話し合ってから建築計画をすすめると良いでしょう。

完全同居型

寝室や居室など、プライバシーを確保するスペース以外は共用するタイプです。二世帯住宅というよりも、”親世帯と子世帯が一軒家で同居する”と言う方がわかりやすいでしょう。二世帯住宅の中でも建築費用が抑えられ、大家族のように楽しく暮らせるメリットがあります。一方で、プライバシーの確保や生活スタイルの違いにより、ストレスを感じやすくトラブルが起きやすい点はデメリットと言えるでしょう。同居前のイメージと実際生活した時の違いの差が大きいと、お互いが不満を抱きやすいので、事前の話し合いやルール決めは細かくすると良いでしょう。

二世帯住宅のメリット

共働き世帯が多く、子どもを保育園や学童などに預ける家も多いでしょう。二世帯住宅で親世帯と一緒に住む場合、お迎えを親世帯にお願いできます。大きくなったとき、習い事の送り迎えも協力できるでしょう。孫の成長を見守れる親世帯と、子育てを助けてくれる子世帯両方にメリットがあります。また、ちょっとした外出時でも、子どもを預けられる気軽さと安心感もあるでしょう。二世帯住宅の場合、”スープの冷めない距離”にお互いが住んでいるため、万が一の時に頼ることもできるでしょう。部分共用型や完全同居型の場合、家事や生活費の負担が減るのも魅力的です。

二世帯住宅のデメリット

二世帯住宅の場合、簡単に行き来できてしまう近さがネックとなり、プライバシーを確保ができないのが、デメリットとなります。完全分離型であっても、すぐ隣に住んでいるため、何かと気を遣わなければいけないことも…。また、友人を家に呼びにくく、子世帯と親世帯では生活時間帯も違うため、不満を抱きストレスになることもあります。”朝”と”夜”の時間帯認識の違いや、食事の時間帯違いも負担に感じやすいでしょう。生活音やちょっとしたライフスタイルの違いで、大きなトラブルに発展することもあります。お互いの価値観やライフスタイルに寄り添うというよりも、割り切って生活できるような環境づくりが重要かもしれません。

二世帯住宅を建てる際の補助金制度

二世帯住宅は、一般的な住宅建築と比較しても建築コストがかかります。建築予算をオーバーしすぎないように注意が必要です。注文住宅で二世帯住宅を建てるときは、国補助金制度を有効活用しましょう。利用できる国の補助金制度は以下の2つです。また、市区町村によっては、独自の補助金制度を設けているところもあります。建築前に市役所で、確認してみましょう。

地域型住宅グリーン化事業

工務店で二世帯住宅を建築する場合に、利用できる補助金です。三世代同居など、複数世帯が同居しやすい環境づくりをしているか?が補助金給付第一条件とされています。

ここで注意したいのが、完全分離型タイプの二世帯住宅は対象外になること!完全分離型の場合、二世帯住宅であっても共用スペースなどがないため、同居扱いにはなりません。さらに、以下分野のどれかに当てはまる二世帯住宅が建築されているか?も基準として設けられています。

この事業に参加している工務店かを考慮して、建築会社選びをするのもおすすめです。

参照元:重量木骨の家(https://www.mokkotsu.com/contents/dream/nisetai/)

すまい給付金

二世帯住宅に限らず、注文住宅を建築者や家を購入する人が対象となる補助金です。給付金額は一律ではなく、条件によって変化します。すまい給付金を受けられる対象条件は、以下のとおりです。

条件に全て該当していることが必須です。給付金額は新築か?中古か?住宅ローンの利用有無によっても違いがあるため、まずは確認してみましょう。給付は引き渡し完了後、1年以内です。対象となる場合は、早めに書類の準備や手続きをすることをおすすめします。

参照元:重量木骨の家(https://www.mokkotsu.com/contents/dream/nisetai/)

二世帯住宅の税金対策

二世帯住宅は、相続税の節税対策にもおすすめです。親世帯と一緒に同居している場合、土地の評価額の80%が減額されます。(小規模宅地の特例)完全分離型の二世帯住宅も対象です。共用部分の有無にかかわらず、小規模宅地の特例を利用できます。ただし、一棟の二世帯住宅であることが条件です。二棟に連なると、対象にはなりません。また、登記時に区分所有をしている場合、被相続人の居住スペースのみが対象となるので注意しましょう。

二世帯住宅の住宅資金として贈与された場合、いくつかの条件を満たすと贈与税が非課税になります。条件は年々変化しているため、一度確認してみましょう。

参照元:重量木骨の家(https://www.mokkotsu.com/contents/dream/nisetai/)

関連ページ

注文住宅まかせて安心ガイド【大府・知多・東海エリア】

家づくりの基礎知識
注文住宅を建てるなら知っておきたい家づくりの流れ
 良い土地の選び方
注文住宅を建てる際にチェックしたい耐震性能
注文住宅で入る保険とは
注文住宅を建てる際の間取りを決めるポイントは?
注文住宅で使われる工法の種類
注文住宅のフルオーダーとセミオーダーと規格住宅の違いとは?
受賞歴×口コミ高評価の信頼できる注文住宅会社を厳選紹介
家の画像

過去の受賞歴や、ユーザーからの口コミは第三者からの評価を見極める指標となります。受賞歴が多く、口コミ評価の高い会社3社を厳選して紹介します。

詳細を見る